ふつうのくらし 会則

(名称)
第1条 本会は、ふつうのくらしという。

(事務所)
第2条 本会の主たる事務所は、神奈川県川崎市に置く。

(目的)
第3条 この会は、経済的な困難のため自立した生活を送るのが難しい、および将来そうなることが予想される女性(以下、当事者と呼ぶ)に対して、男女の経済的な平等と、個人の生涯の経済的な安定を得る支援を行い、またそのような社会の形成に寄与することを目的とする。

(活動・事業の種類)
第4条 本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を実施する。
(1) 当事者および関係者によるピアサポートの場の運営
(2) 当事者が経済的な安定を得るための就労支援、起業支援、生活支援及びキャリアカウンセリング
(3) 広く一般市民に向けた、当事者の経済的状況に関する普及啓発活動
(4) その他、目的の達成に必要な活動

(会員)
第5条 本会の会員は、次の2種類とする。
(1)正会員は、この会の目的に賛同し入会した者とする。
(2)賛助会員は、この会の事業を賛助するために入会したものとする。

(入会)
第6条 会員の入会については、特に条件を定めない。
2正会員として入会しようとするものは、会長が別に定める入会申込書により、会長に申し込むものとする
3賛助会員の入会については、総会において別途定める。

(会費)
第7条 正会員および賛助会員の会費は、総会において別に定める

(退会)
第8条 会員は、退会届を会長に提出し任意に退会することができる。
2 会員が、次の各号のいずれかに該当するときは、退会したものとみなす。
(1)本人が死亡したとき。
(2)会費を1年以上納入しないとき。

(役員)
第9条 本会に次の役員を置く。
(1)会長 1名
(2)副会長 1名
(3)会計 1名

2 第1項に定める役員は、会員の互選により選出する。
3 会計に欠員が出た場合は、会長がこれを兼ねる。ただし、次回の総会において速やかに会長・副会長とは別に会計役を任命しなくてはならない。
4 役員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

(職務)
第10条 会長は、本会を代表し、その業務を統括する。
2 副会長は、会長を補佐し、これに事故あるときまたは欠席のときは、その職務を代行する。
3 会計は、会の財産の状況を管理する。

(解任) 第11条 役員が次の各号のいずれかに該当するときは、総会の議決により、これを解任することができる。
(1) 心身の故障により、職務の執行に堪えられないと認められるとき。
(2) 職務上の義務違反、その他役員たるに適しない非行があると認められるとき。

(総会)
第12条 本会の総会は、正会員を持って構成し、年に1回開催するものとする。ただし、必要があると きは臨時に開催できるものとする。
2 総会は、以下の事項について議決する。
(1)会則の変更
(2)解散
(3)事業の変更
(4)事業報告及び収支決算
(5)役員の選任又は解任
(6)その他会の運営に関する重要事項
3 総会は、正会員の過半数の出席がなければ、開会することができない。

(議事録)
第13条 総会の議事については、議事録を作成する。

(役員会)
第14条 役員会は役員を持って構成する。ただし、監査役を除く。
2 役員会は、総会の議決した事項の執行に関する事項及びその他総会の議決を要しない業務の執行に関し、議決する。

(事業報告書及び決算)
第15条 会長は、毎事業年度終了後2か月以内に事業報告書、収支計算書を作成し、監査を経て総会の 承認を得なければならない。

(事業年度)
第16条 本会の事業年度は、4月1日に始まり、翌年3月31日までとする。

(事務局)
第17条 本会の事務を処理するため、事務局を置く。

(委任)
第18条 この会則に定めのない事項は、総会の議決を経て、会長が別に定める。

(変更)
第19条 この会則は、総会において、出席者の過半数の承認を持って変更できるものとする。

(解散)
第20条 本会は、次に掲げる事由により解散する。
(1) 総会の決議
(2) 目的とする活動に係る事業の成功の不能
(3) 正会員の欠亡
(4) 合併
(5) 破産手続開始の決定
2 前項第1号の事由によりこの会が解散するときは、正会員総数の2分の3以上の承諾を得なければならない。

第21条 この会が解散(合併又は破産手続開始の決定による解散を除く。)したときに残存する財産は、特定非営利活動促進法法第11条第3項に掲げる者のうち、総会の議決によって決定した者に譲渡するものとする。

附則
1 会計は当面の間、副会長が兼任する
2 この会則は、平成30年4月1日から施行する。